スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオタカの親子?

Category :

鳥の名前:タカ目_タカ科_オオタカ(親子?)
撮影日:2007-04-02 撮影場所:埼玉県荒川河川敷


河原でl腰を下ろしてツバメを撮影していると、時々頭上を小鳥たちが通過して行きますが、
集団で通過した時は猛禽が来た証拠。
対岸にはオオタカの若鳥と親のオオタカ?が二羽で狩の練習をしていたのかな?
リンクの開き方。

Firefoxなら右クリックで「新しいタブで開く」
IE7なら、コントロールキーを押しなが左クリックで新しいタブで開く。
2007 オオタカの若鳥と親鳥
後ろが若鳥だと思います。以前記事としてUPした若鳥かな。
カメラ:Canon EOS 30D
レンズ:EF 70-200mm F2.8 L IS USM + ケンコーテレプラス300で280mm
RAW現像:Canon DPP ピクチャースタイル:スタンダードで現像後、微調整
親子で仲良く。
2007 オオタカの親子
この後、右下の親は私の後ろの藪の中に。
暫く、他の鳥たちは寄り付かないので、撮影終了。。
オオタカの親鳥

オオタカの狩の失敗

リンクの設定について。
クリックした時、新しくブラウザが開くようにしていますが、リソースの問題もあるので本当は見ている
ブラウザ内に表示される方が良いのですが、検索で来た方が迷子にならないためにしています。
リンク先の設定であ[ _blank ]を選ぶと新しいウインドが開きますが、右クリックとIE7ならコントロールキーと左クリックをする事でタブで開くので自分で選択出来ると思います。

Comment

れすレス。

■asitano_kazeさん。
私も親子で飛んでいるのは初めて見ました。
本当に親子かは分かりませんが中が良かった事は確か。
オオタカが出ても、ツバメさんはお構いなしでした。(笑い)

■pole poleさん。
黄色い花はアブラナかな。
この辺りの土手はアブラナで一杯になりますから。

■ezomomongaさん。
こちらでは大きな川があるので、鳥も豊富。
特に私の地元は猛禽が沢山いますよ。
東京から意外と近いのですが、自然が豊富な場所。

縞々模様が・・・・

オオタカって翼のシマシマがキレイな鳥ですよね。
とっても好きなんです。が、見たことありません(笑)
地上だけではなく、空の上でも様々なバトルが繰り広げられていますね。
親鳥にたくさんのことを教えてもらうのでしょう。

すごい迫力ですね~
オオタカが飛んでいる下は 黄色い花(アブラナ?セイヨウカラシナ?)が咲いていて 春を感じさせてくれます。
まさか セイタカアワダチソウではないでしょうから。笑
鳥たちも繁殖の季節を迎えるのでしょうね~
以前のも拝見させていただきました。

猛禽が出た後は

1羽は見たことがありますが、親子連れは初めて見ます。
特に若鳥は何度も失敗しながら狩りを覚えていくのでしょうね。
猛禽類は見てて迫力がありかっこいいのですが、残念なことに
というより当然のことに、小鳥たちが身をひそめて極端に少なくなります。
それが難点ですね。

れす。

■しーたけさん。
オオタカの親子が現れた瞬間、他の鳥たちは命掛けていますから大騒ぎ。
オオタカも地球上で生きていくためには必要な事を行っていると思います。

仲良く

仲良く練習ですか!
鳥や動物は子育てが熱心。
種を保存して行くためにも立派な大人にしなければというのが本能的に強くあるのかなって思います。
非公開コメント

プロフィール

ふん転菓子

Author:ふん転菓子
その他、第三者に迷惑を掛ける行為は禁止します。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
ブログ検索
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
リンク
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。