スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り針

Category :
鳥の名前:カワウ
世間を騒がしている「カワウ」。川の中の小魚~鮎ていどまでの魚を丸呑みするので
数が増えている現在嫌われ者に。

Canon EOS 30Dで撮影していますが、使いこなせずこんな写真で申し訳ない。。

今回UPした理由は一寸違います。
続きを読んでもらえれば解ります。

カワウ
頭の部分拡大してみました。
見えますよね。

口から喉にかけて見えるのは「鮎の友釣りの仕掛け」だと思います。

友釣りの仕掛け
鮎の友釣りは、鮎の習性を利用して釣りますが、その習性は、鮎には縄張り意識が強く、釣
り師が、
「おとり鮎」を予め釣り糸に繋げ、「劣り鮎」を竿さばきで泳がせ、これから釣ろうとする鮎が居そうな
岩まで誘導します。

鮎はミズゴケを食べるので、岩の周囲に居つくのです。
だから、養殖ものの鮎より、川に放流した鮎の方が、香りが良い。

そこに「おおとり鮎」を導くことで、岩に居ついていた鮎は縄張り行動を示し、「おとり鮎」に攻撃。
その時、「おとり鮎」に付けている「掛け針」に鮎が引っかかる仕組みです。


話が長かったのですが、口に引っかかって居る部分が、「鮎の友釣りの掛け針」の部分。
喉に更にもう一つの掛け針が掛かっている。
首に近い部分には、「おとり鮎」の鼻と道糸を繋げる「鼻冠」が見えます。
「鼻冠」は牛の鼻に付けますよね。それと同じだと考えてください。

世間を騒がし、漁業組合にも多大な損害を与え憎まれているカワウ。
これがハクチョウなら受ける印象も異なる。

毎年飛来するコハクチョウ。
→コハクチョウも傷付く。←クリックすると、水かきを失ったコハクチョウの記事
傷付いたのがコハクチョウなら新聞にも出ますがカワウだと?
私がこの記事をUPした翌日?には埼玉新聞に掲載されましたが、同じ鳥・同じ人間です。

カワウがもたらす被害を無視しろとか言う考えは有りませんが、私たちが捨てた物や釣りの時外れた
物が、自然を壊しているのも事実。これからの季節、河原・浜辺で遊びますが、自分のゴミは
持ち帰りたい物ですね。最後は自分に帰ってくるから。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

Comment

れす×4回目

■siawasekunさん。
カワウは田んぼや河川の空には頻繁に現れますよ。
カワウは体がカラスの様に黒いから、デジカメで撮影するには辛い色です。

■ののさん。
外国と日本人の考え方の違いでヨーロッパの人は、森を愛するとか。
森は植物と動物を育む。身近な森が枯れれば、徹底的に調べる。

そして「自分ではなく、「自分の孫に青い空と海。そして綺麗な空気を残したい」と考えるとか。ゴミ問題色々有りますが、この気持ちがあれば、もっと人と地球に優しいと思います。

「最後は・・」

最後は自分に帰ってくるから、という言葉にどきりとします。
私は釣りをしないので、直接こんな被害を与えることはないけれど、
他の場面で「自分に帰ってくる」ような事をしていないとは断言できないからです。

余計なもの買い込んでゴミを増やしたり、歩けるところに自動車で行ったり・・。
地球の温暖化で、北極ではアザラシを食べて生きていくイヌイットの人々やホッキョクグマが生活をおびやかされ、南では海の水域の変化や漁の不作で移住を余儀なくされる人たちがいるそうです。
二酸化炭素とは縁がない人や生き物にまずシワ寄せが行っているんですね。
次にどういった形で自分や子孫に帰ってくるのか、考え出すとぞっとします。
カワウの姿は私たちの無神経さの象徴であるような気さえします。
身近なところから気をつけることしか、できませんが・・。

「う」ですか。。

素敵な写真ですね。

初めて、見ました。
ブログで。。

こういう写真、いいですね。
私の憧れの写真です。

素敵な写真、ありかん゛とうございました。

れす×3回目

■ZEISSさん。
不要となって捨てたのか、それとも外れたのか解りませんが、兎に角
釣り糸がもたらす被害は深刻。野鳥が巣作りに使ったりと様々ですが、
特に鉛で出来た錘が深刻です。
重金属が湖沼河川に入りますから。

最近では、生分解性のある糸が発売されています。
錘も鉄が販売されています。

ブラックバスの大会では、プロの人達がボランティアでゴミ拾いしたりしている
と何かに書いてあったような。そんな気がします。


■しーたけさん。
私たちも三脚の使いすぎで、行楽地(鎌倉など)撮影禁止に追い込んだ
事例が有ります。三脚使用中周囲を見て気を配ればこんな事は防げる
のですが。

私も気が付かないところでマナーを犯していると思いますが、
注意していきたいですね。

こんなところにも

こんなところにも被害が出ているんですね。
生きていればどうしても自然を壊してしまうことはあるけど、こう言うのはちょっとした注意で防げますよね。
ゴミはゴミ箱に、基本ですよね

釣り人よ

自然を愛するならば、後片付けはきちんとしなさい!
もし、自然を愛することが出来ないのなら、釣りをやめなさい!!
と声を大にしていいたいですね。

どの世界でもそうですが、独りよがりはいけません。
共生の精神が大事だと思います。
なぜなら、自然を破壊している張本人は人間だから・・・

れすレス。

何かと話題に上がるカワウですが、傷つけても良いと言う事は無いと思う。
PCで見たとき、顔に何かあるな?と思ったら、案の定釣り針でした。
この周辺は鮎釣りが出来ますから。

自然を楽しむ事を、なにか忘れていそうですね。

見事なカワウフォト・・と思ったのですが
傷ついているのですね、悲しいですね。
自然を壊さないで、自然を楽しむ心、大切にしたいです。

れす。

何処に行ってもゴミ問題。
人間は何とかなるけど、手足が自由ではない動物には危険です。
同じような行為に気が付いたら自分は行わない事。
これが一番ですね。

気が付かない時もありますが、気が付いたら絶対にしない。

身につまされる問題ですね

私は釣りをしないので、こんな事は起こしませんが、釣りOKの公園では餌袋散乱、立ち入り禁止場所での釣りなど無法状態ですよね
しかもやっているのが、ふんべつが分かるはずの良い親父がやっているのが腹が立つ
糸が切れたらそのままポイッ
自分さえ良ければ他人の邪魔はお構いなし

まぁ野鳥屋も同じような事をするのもいるのは事実です
某公園では巣の真ん前にカメラを構え短いレンズで狙っている有様ですからね

同じような匂いのする人間にならないように気をつけなくちゃいけませんね
非公開コメント

プロフィール

ふん転菓子

Author:ふん転菓子
その他、第三者に迷惑を掛ける行為は禁止します。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
ブログ検索
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
リンク
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。